期間限定のプレゼントは7/23(火)まで! 詳細はこちら

ピアノの弾き語りができるようになる方法

ピアノ弾き語り
  • URLをコピーしました!
目次

【実践編】ピアノ弾き語り初心者のための「故郷」マスター講座

ここでは、ピアノ初心者の人が「故郷」の弾き語りができるようになる方法をお伝えします。

弾き語りは、「コード」を使って演奏をするのが、できるようになるまでの一番の近道です。

コードって何?

という方は、こちらの記事から読んでみてください↓

弾き語りの方法は、以下の手順に沿って練習します。

  • コードの一番下の音(ルート音)を確認する
  • コードのルート音を左手のお好きな一本指で弾く
  • 左手を弾きながら歌ってみる
  • 右手のコードを練習する
  • 両手と歌を合わせて演奏する

このような流れで進めます。

それでは、以下のステップに沿って練習してみてください。

【準備】 ピアノに鍵盤シールを貼る

初心者の方は、ピアノに鍵盤シールを貼ってから始めましょう。

鍵盤シールはインターネットや楽譜店で販売されていますが、まずは付箋などでも構いません。

ドレミの場所がわかる人は次に進んでください。

ドレミの場所はこちら

ドの位置

それでは次に、弾き方をマスターしていきましょう!

STEP1 コードの一番下の音(ルート音)を確認する

  • コードの一番下の音(ルート音)を確認する
  • コードのルート音を左手のお好きな一本指で弾く
  • 左手を弾きながら歌ってみる
  • 右手のコードを練習する
  • 両手と歌を合わせて演奏する

まずこちらの楽譜を見てください。

(※印刷する場合はダウンロードしてお使いください)

楽譜の最初の方を見てください。

コードは「C」から始まっていますね。

Cのコードは「ド、ミ、ソ」からできており、一番下の音(ルート音)は「ド」です。

次のコードは「G」ですね。

Gのコードは「ソ、シ、レ」からできており、一番下の音(ルート音)は「ソ」です。

全てのコードの一番下の音を確認していき、忘れそうならコードの横に書き込んでいきましょう。

STEP2 コードのルート音を左手のお好きな一本指で弾く

  • コードの一番下の音(ルート音)を確認する
  • コードのルート音を左手のお好きな一本指で弾く
  • 左手を弾きながら歌ってみる
  • 右手のコードを練習する
  • 両手と歌を合わせて演奏する

STEP1で確認したルート音を、左手の1本指で弾いていきましょう。

次のコードに移るまでは、音を弾いたまま伸ばしておきます。

コードを見ながら、最後までルート音を弾いてみましょう!

STEP3. 左手を弾きながら歌ってみる

  • コードの一番下の音(ルート音)を確認する
  • コードのルート音を左手のお好きな一本指で弾く
  • 左手を弾きながら歌ってみる
  • 右手のコードを練習する
  • 両手と歌を合わせて演奏する

それでは、ルート音を左手一本指で弾きながら歌にチャレンジしてみましょう!

(※右手はまだお休みです)

「う〜さ〜ぎ〜」と歌っている間は、左手の「ド〜」を伸ばしておきます。

「お〜いし〜」で、左手は「ソ〜」の音を弾き続けます。

このように、左手1本指でルート音を弾きながら、最後まで歌ってみましょう!

STEP4. 右手のコードを練習する

  • コードの一番下の音(ルート音)を確認する
  • コードのルート音を左手のお好きな一本指で弾く
  • 左手を弾きながら歌ってみる
  • 右手のコードを練習する
  • 両手と歌を合わせて演奏する

左手一本指と歌を一緒に演奏できたら、次は右手にチャレンジしてみましょう!

最初のコードは「C」です。

Cのコードは「ド、ミ、ソ」からできていましたよね。

右手で、「ド、ミ、ソ」を同時に弾いてみましょう。

次は「G」です。

Gのコードは「ソ、シ、レ」からできていましたよね。

右手で、「ソ、シ、レ」を同時に弾いてみましょう。

続いて、「F」に弾き方はこちらです。

「故郷」に出てくるコードは「C」「G」、「F」の3つだけ

この3つをマスターすれば、とりあえず故郷は弾けるようになりますよ^^

STEP5 両手と歌を合わせて演奏する

  • コードの一番下の音(ルート音)を確認する
  • コードのルート音を左手のお好きな一本指で弾く
  • 左手を弾きながら歌ってみる
  • 右手のコードを練習する
  • 両手と歌を合わせて演奏する

いよいよ弾き語り完成までにあと少しです!

STEP3で練習した左手の一本指と、STEP4で練習した右手のコードを同時に弾きます。

「う〜さ〜ぎ〜」で、右手は「ド、ミ、ソ」、左手は「ド」です。

「お〜いし〜」で、右手は「ソ、シ、レ」、左手は「ソ」です。

歌詞の途中でコードが変わりますので、次のコードが出てきたら音を変えていきましょう!

お疲れ様でした

ピアノの弾き語りの練習方法を「故郷」を使って紹介しました。

「故郷」はコードが少なく、初心者にとってはとても良い練習曲です。

コード奏法ができるようになれば、他の曲も弾き語れるようになりますよ!

大好きな歌を、自分の演奏で歌ってみるのも夢ではありません。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

弾き語りもできる!コードが書かれたテキストです

chuya-online チューヤオンライン
¥1,650 (2024/06/23 14:38時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次