期間限定のプレゼントは5/28(火)まで! 詳細はこちら

【50代女性向け】手のしびれを解消するためにやるべき4つの改善策とは?

  • URLをコピーしました!


手のしびれに悩む女性は決して少なくありません。

特に40代や50代の更年期前後の女性にその症状がよく見られます。

最新の研究によれば、手のしびれは年齢や手の使用過多だけでなく、女性ホルモンの減少によっても引き起こされることが明らかになっています。

手にしびれや痛みを感じた場合には、次に挙げる生活習慣の改善が有効です。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

この記事を書いた人
かりん
  • ピアノ歴38年
  • 40代〜70代の方が集まる音楽教室を開講
  • らくらくピアノ認定講師1級取得
  • 中学校音楽教諭二種免許取得
  • 音楽健康指導士
目次

手のしびれと関係する「エストロゲン」って何?

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、腱や関節を守る役割があります。

そのため、エストロゲンが低下すると手に痛みやしびれが生じる可能性があり、手根管症候群や腱鞘炎などの診断を受けることもあります。

エストロゲンの分泌量は、20代でピークに達し、徐々に減少していきます。

更年期前後になると、エストロゲンの分泌量がさらに減少する傾向があります。

そのため、40代や50代になると手に痛みやしびれを感じる女性が増えるのは、エストロゲンの減少が原因であると考えられます。

エストロゲンは年々減少する


手のしびれを予防するためには、エストロゲンの分泌量が過度に減少しないように注意したいところです。

しかし、エストロゲンなどのホルモンの分泌量は、自分の意思で管理することができません。

全ての女性において、エストロゲンの分泌量は20代をピークに徐々に減少していきます。

個人によってその割合や時期は異なりますが、年齢とともに分泌量が減少するというのは事実です。

エストロゲンと似ている大豆イソフラボンの効果とは?

加齢によるエストロゲン分泌量の減少は避けることができませんが、エストロゲンと同様の働きをする大豆イソフラボン(ダイゼイン)を適度に摂取することで、手のしびれや肌の乾燥などのエストロゲンの減少による不調をある程度緩和できます。

更年期症状を和らげるためにも、積極的に大豆を摂取して大豆イソフラボンを補うことを心がけましょう。

大豆は毎日食べる


毎日大豆を摂取することで、エストロゲンに似た作用を持つ大豆イソフラボンを取り入れることができます。

大豆の利点の1つとして高品質のタンパク質を摂取できることが挙げられます。

また、大豆イソフラボンは、骨のエストロゲン受容体(エストロゲンが結合する部位)を介して骨自体に直接作用するため、骨の健康を保つ効果があると考えられています。

タンパク質は身体の臓器や筋肉、そして肌や髪などの重要な構成要素であり、バランスの取れた摂取は健康な身体作りに貢献します。

大豆イソフラボンがある食材

  • 豆腐
  • 納豆
  • おから
  • きな粉
  • ゆば
  • 煮豆
  • 味噌
  • 醤油

食物繊維も積極的にとる

食物繊維も重要です。大豆に加えて、根菜類やキノコ類、海藻などの食物繊維をバランスよく摂取することが大切です。

食物繊維は腸内の活性化だけでなく、便秘の緩和や免疫力の向上など、さまざまな健康効果も期待できます。

サプリメントも効果的

大豆イソフラボンを効果的に摂取する方法の1つとして、サプリメントがあります。

大豆イソフラボンの定期摂取によって、更年期症状の緩和も期待されます。

普段の食事改善に加え、サプリメントを活用することで、健康な生活をサポートする取り組みも考えてみてください。

手のしびれを改善するための4つの改善策とは?

ここでは、大豆イソフラボンを摂取する方法のほかに、手のしびれをやわらげる効果的な対処法を紹介します。

ストレッチと運動

手のしびれの原因の一つは神経や筋肉の緊張や圧迫です。

定期的な手のストレッチや適度な運動を行うことで、筋肉の緊張を緩和し、血流を改善することができます。

手首や指を回したり、握ったり、広げたりするストレッチが有効です。

姿勢の改善

悪い姿勢は手のしびれの原因になることがあります。

特にデスクワークや長時間のパソコン作業をする場合は、正しい姿勢を保つことが重要です。

背筋を伸ばし、肩を下げる姿勢を心がけましょう。

生活習慣の見直し

生活習慣の見直しも手のしびれを改善するために効果的です。

十分な睡眠をとることやストレスを軽減すること、バランスの取れた食事(大豆イソブラホンを含む)を心がけることが重要です

また、喫煙を避けたり、過度なアルコール摂取を控えたりすることも手の健康に良い影響を与えます。

「ピアノ」で指の運動をする

手のしびれを解消するためにピアノをお勧めしています。50代から始めると脳トレにもなり効果的です。

ピアノ演奏は手や指の運動を促し、血流を改善する助けとなります。

また、新しい楽器を学ぶことは脳の活性化につながり、認知機能や記憶力の向上にも役立ちます。

リラックス効果もあり、ストレス軽減にも効果的です。

50代からのピアノ演奏は新たな趣味として楽しみながら、健康促進にも繋がります。

\初心者におすすめ/

まとめ

今回は、50代女性に多い「手のしびれ」について対策のポイントを紹介しました。

手のしびれを感じたら、以下のことを試してみてください。

  • 大豆イソフラボンを積極的に摂取する
  • 毎日軽い運動やストレッチをする
  • 栄養バランスを考えた食事を心がける
  • 指の運動のためにピアノを始めてみる

あなたのこれからの健康維持のために、ぜひ取り入れてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次