期間限定のプレゼントは5/28(火)まで! 詳細はこちら

【ピアノ初心者】ドラマ366日の主題歌をコードで弾き語りする方法

  • URLをコピーしました!

ドラマ「366日」見ていますか?

私は毎週楽しみに見ています!

高校時代の映像では、昔を思い出してキュ〜ンとなったりしています(笑)

このドラマの主題歌となっているのがHYさんの「366日」。

この曲をピアノで弾き語りができたらかっこいいですよね!

そこで、ピアノを弾いたことがない人でも「366日」を簡単に弾き語れる方法を紹介します。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

この記事を書いた人
かりん
  • ピアノ歴38年
  • 40代〜70代の方が集まる音楽教室を開講
  • らくらくピアノ認定講師1級取得
  • 中学校音楽教諭二種免許取得
  • 音楽健康指導士
目次

ピアノ初心者でも「366日」を弾き語れる唯一の方法

あなたはピアノを弾いたことがありますか?

もし弾いたことがない、または弾いたことがあるけど弾き方を忘れてしまった という人は、「コード奏法」がおすすめです。

コード奏法?なんか難しそう・・・

と思われたかもしれませんが、そんなことはありません!

コードの仕組みを覚えてしまえば、どんな曲でも弾き語りができるようになりますよ。

「366日」が引が垂れるようになるコード奏法とは?

それでは、コード奏法について説明します。

コードとは?

高さの異なる2つ以上の音が重なってできた音を「コード」と言います。

日本名では「和音」と言いますね。

楽譜では「C」や「G」など、アルファベットで表します。

例えば、Cなら「ド・ミ・ソ」、Gなら「ソ、シ、レ」を同時に弾きます。

そしてピアノの弾き語りをするときは、

  • 右手はコード
  • 左手はコードの一番下の音

を弾きながら歌うとキレイなハーモニーになります。

詳しいコード奏法についてはこちらの記事をご覧ください

「366日」に出てくるコード

それでは次に、「366日」に出てくるコードをまとめました。

それぞれのコードの構成音を書いていますので、鍵盤で弾いてみてください。

スクロールできます
コード名1つ目の音(ルート)2つ目の音3つ目の音
C
G
D#ファ
A#ド
Am(エーマイナー)
Em(イーマイナー)
Bm(ビーマイナー)
※簡単なコードにアレンジしていますので、原曲とは異なります。

「366日」の歌詞にコードつける

では、「366日」の歌詞に合わせてコードをつけてみましょう。

歌詞の上にコードが書いてありますね。

歌いながら、書いてあるコードに指を切り替えていきます。

366日コードピアノ弾き語り

ピアノ弾き語りができるまでのステップ

では、ピアノの弾き語りができるようになるためのステップを紹介します。

歌をしっかり練習する

まず大前提として、歌の練習をしておきましょう!

>>YouTubeで歌を練習する

歌の練習が終わったら、次に進みましょう。

レベルは3段階に分けます。

①左手のベース音だけ弾く

左手の1本だけ弾きながら、歌う。

コードのルート音だけを左手で弾きます。

ルートとは、コードの一番低い音のことです。

コードが「C」なら、ルートは「ド」の音になります。

左手のお好きな指で「ド」を弾いてみましょう。

そこに歌を乗せます。

そう、これだけで、もう立派な弾き語りが完成します!

②右手のコードだけ弾く

右手だけコードを弾きながら、歌う。

今度は、右手だけ弾きます。

「C」なら「ド・ミ・ソ」、

「G」なら「ソ・シ・レ」」

の3つの音を、右手で同時におさえます。

そこに歌を乗せます。

レベル①よりも、キレイなハーモニーになり、気持ちがいいですね!

③両手で弾く

両手で弾きながら、歌う。

片手ずつ弾きながら歌えるようになったら、次は両手にチャレンジです!

全部をきっちり弾かなくても大丈夫。

「あー、弾けない!」と思ったら、

左手だけは必ず弾くように進めてみましょう。

なぜ左だけは必ず弾くの?

左手の音はコードの土台(ベース)になる音を出しています。

ベースの音は、音楽を構成する上で、とても大事な役割を果たしているのです。

ちょっと難しい話

なぜ、ベースの音は重要な役割を果たしているのでしょうか?

例えば、「C」の構成音は「ド・ミ・ソ」ですね。

左手でベース音の「ド」を弾くわけですが、左手を弾かずに右手だけ弾くと、実は「Am7]というコードにもなり得るのです。

「Am7」の音の構成は、「ラ・」。

右手はベース音を省略して弾くこともありますので、右手の「ド・ミ・ソ」だけでは、正確なコードがわからないのです。

ちょっとアレンジでもっと素敵に!

両手で弾きながら歌えるようになったら、右手をもっと刻みながら弾いてみたり、左手をリズミカルに弾くのも良いですね。

私のおすすめの弾き方は、こちら。

ピアノ弾き語りおすすめ

両手〜右、左。両手〜右、左。

の繰り返しです。

最初の両手は2拍、右手は1拍、左手は1拍です。

「1、2、3、4」と数えながら弾いてみてください。

\ 楽譜が読める方はこちらがおすすめ /

お疲れさまでした

ピアノ弾き語りおすすめ

初心者でも弾ける「366日」のピアノ弾き語り方法を紹介しました。

コードを覚えてシンプルに弾くだけで、あっという間に弾き語りができるようになりますね。

ピアノの弾き語りは、あくまでも「歌」がメインです。

ピアノの音は、歌より大きくならないように

しっかりと歌の練習をしてから始めましょう!

私も弾き語りが大好きです。

一緒にピアノ弾き語りを楽しみましょう〜♪

人気のオンラインピアノレッスン特集

神奈川県に教室がある【シーク音楽教室】のオンラインレッスンは全国どこでも対応可能。レッスンでは、skype(スカイプ)やzoom(ズーム)を利用します。スマホやタブレット、パソコンからでも、つなぎ方を丁寧に教えてくれます。弾き語りにも挑戦できますよ!

>>無料体験レッスンのお申し込みはこちら


関東に200ヶ所の拠点がある【椿音楽教室】のオンラインレッスンはzoomを使用します。60分の無料体験レッスンを受けられるので、どんな先生なのか確認してから受講できますね。
レッスンスケジュールは、曜日や時間の固定をしなくてもOKです。

>>無料体験レッスンのお申し込みはこちら



ストアカ】は、1回1,000円〜受講できる講座もあり、気軽にピアノを始められます。現在ではオンラインレッスンの割合が多く占め、全国の人々がオンラインでピアノを楽しんでいます。1回から受講できますので、気軽に始めてみましょう!

>>ストアカのオンラインピアノレッスンはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次