脳科学者がピアノをすすめる理由とは→ click

短期間で弾けるバイオリン講座。どのくらい短期間なのか試してみたら…

  • URLをコピーしました!

あなたは、バイオリンといえばどんなイメージをお持ちですか?

おそらく
・英才教育で習っていないと弾けない
・小さい頃からやっていないと弾けない
・とにかく難しくて弾けない

などなど、凡人にはとても難しい楽器というイメージがあると思います。

私も同じように、弾いてみたいけど無理だろうなと思っていました。

ですが、ドラマを見ていて「バイオリンって良いな〜」というバイオリン熱がまた湧いてきました。


だって、俳優さんがトレーニングしたら、それっぽく弾ける感じになるということは、大人でも習えば弾けるのかなと思ったんです。

どうせ無理と諦めるよりは、チャレンジしてみようと思いました。
そこでバイオリンを習えるところはないかな〜と探してみました。

候補が3つ出てきました。

1.音楽教室に通う。
2.オンラインレッスンを受ける。
3.教材学習をする。

【1】音楽教室に通う
1つ目の音楽教室は、とにかく遠かったんです。しかも費用が高い。


日程も平日の昼間なら空いていますが、土曜日の午後などは全く空いていませんでした。

(日曜日はお休みらしいです)

ちょっと大変そうだなと思いました。

【2】オンラインレッスンを受ける
2つ目のオンラインレッスンはラクそうです。


でも、登録やオンラインに接続する方法、レッスンの予約などなど、見ていたら難しくて頭がこんがらがってしまいました。


しかも、外国人の先生だったり、なんかちょっと若い方で馴染めなそうだったり。


うーん…と思いながら見ていたところ。

【3】教材学習をする
3つ目の選択肢を発見したのですね。
それが教材学習です。

録画されているレッスン動画を自分のペースで見ながら、教材に付いてくるテキストと楽譜で学ぶというものでした。

直接先生に見てもらう形ではないので、人見知りな私でも気楽に取り組めそうでした。

あと、オンラインだと家の中が見られてしまいますが、これなら誰にも見られず(どんなに下手でも!)

安心してやれると思いました。

費用は教材なので最初にかかりますが、その後はずーっと無料なので、そこも良いなと思いました。


途中で休んだりしても月謝がかからないのは有り難いです。


なかなか上達しないのに月謝ばかりかかることを想像すると…。

そりゃ、最初しかお金がかからないほうが良いなと思うわけです。

ちなみに、私が見つけた教材はこちらでした。

⇒詳しい内容はこちらから

バイオリンの教材自体が少ないですし、初心者向けとなると、なおさら選択肢はなかったのですが。


ただ、私が飛びついた理由は短期間で上達と書いてあったことです。

飽きっぽいので、上達しないと途中でやめちゃいそうだと思いました。


これならやれるかなーと半信半疑で取り寄せてみました。

そして取り組んでみたところ…。なんと、

レッスン開始後30分で曲が1曲完成しました!

全くの初心者で楽譜も読めませんし、ピアノは7歳で始めましたが3回レッスンに行ってやめてしまった人間です。

それでも、1曲あっさり弾けました!

これには驚きました。短期間にもほどがあると。

その後も、分りやすい動画の解説と、とにかく見てすぐ弾ける丁寧な楽譜で、どんどん曲が弾けるようになりました。

教材は1弾〜3弾というレベル別構成になっています。
最初は1弾から取り組んでいき、徐々に難しくなっていきます。

2弾になるとアメイジング・グレイス」が弾けるようになりました。


この曲は大好きだったので、本当に嬉しくて、そればかり弾いてしまいました。

3弾に入ると、カノン」も弾けるようになりました。

これも大好きな曲だし、まさか私がバイオリンで「カノン」が弾けるようになるなんて、数ヶ月前は想像もつかなかったので、すごいことです。

バイオリンは難しい楽器ですが、結論としては

習い方次第で、短期間で簡単に弾ける

ということが分かりました。

もし、バイオリンに憧れているのに「難しいだろうな」と思って諦めている人がいるのなら、ぜひ、この教材でチャレンジしてみてください。


本当に短期間で弾けるようになります。

⇒詳しい内容はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次