脳科学者がピアノをすすめる理由とは→ click

65歳からのピアノデビューなら

  • URLをコピーしました!

今、テレビで人気の脳科学者や、
認知症予防にピアノを薦める脳科学者など、

「脳トレにはピアノが最適」と話しています。

65歳から

なぜ、ピアノは脳トレに良いのでしょうか?

この記事を書いた人
かりん
  • ピアノ歴38年
  • 40代〜70代の方が集まる音楽教室を開講
  • らくらくピアノ認定講師1級取得
  • 中学校音楽教諭二種免許取得
  • 音楽健康指導士
目次

65歳からのピアノがおすすめな理由

実は、ピアノ演奏は

・右脳と左脳
・運動神経
・情緒性(穏やかで豊かな心)

を鍛えるのに、とても優れているんです。

手は『第2の脳』と言われています。

なぜなら、手は全身の感覚器官の中でいちばん敏感な部分で、脳(大脳皮質)の面積も一番広いのです。

そのくらい、手と脳は密接な関わりがあります。

ですから、もしあなたが

「最近もの忘れがひどくて…」
「昨日の夕食もすぐに思い出せない」
「名前がパっと出てこない」

と、脳の衰えを感じているのであれば、

この第2の脳である
手=指先
を鍛えることをお勧めいたします。

では実際に、ピアノを弾くと脳にどんな刺激があるのでしょうか?

65歳から

ピアノの優れたところは、右脳と左脳を同時に鍛えられる点です。

ピアノを演奏するには、
メロディ、
曲のテンポや音の高さ、
曲の構成
などを
分析する力がなくてはいけません。

これらは、左脳の働きになります。

そして感性やイメージなど、芸術的な要素は右脳の働きになります。

ですからピアノは、右脳も左脳も一緒に働かせることによって、すばらしい演奏ができるのです。

また、右脳と左脳を同時に使うことによって、脳の持つ能力を最大限に発揮できると言われています。

つまり、あなたの脳を活性化し、
運動神経も活発にします。

脳のたくさんの部分を一気に使うので、これほど効率よくできる脳トレはないのですね。

だからこそ、脳科学者は
「ピアノが脳トレに最適な趣味」
と言うのです。

しかし、ここで一つ問題があります。

そもそも、ピアノが脳トレに良いと分かったところで

「ピアノなんて習ったことないし…」
「楽譜が全く読めないのに…」
「今さらピアノを弾けるとは思えない」
「ピアノ教室がどこにあるのか分からないし」

などなど。

そもそも、ピアノを弾けないという方も多いと思うのです。

経験がなければ、いきなりピアノを始めるのはちょっと…と思ってしまうでしょう。

ですがご安心ください。

あなたにピッタリの練習方法があります!

・ピアノを習ったことがなくても短期間で弾ける
・楽譜が読めなくてもピアノが弾ける
・わざわざピアノ教室に出向いて行く必要がない
・覚えに自信がなくても全然オッケー
・好きな時間にマイペースでやれる

そんなピアノ上達法が世の中にはあるのです。

65歳から

今すぐ知りたい方はこちら

この上達方法は、初めてピアノに触る方のために、ピアノの弾き方を1から丁寧に解説しています。

しかも、自宅で、短期間でピアノをマスターできます。

ドレミを一生懸命読んだり、覚えたりしなくても、楽譜にはすべてドレミがカタカナで書いてあります。

あの黒いおたまじゃくしを解読しなくても、見てすぐ「ド」とか「レ」とか分かるようになっているんですね。

サンプルはこちらからご覧いただけます。

これまでピアノを習ったこともないような大人でも「弾けた!」という感動の声がたくさん届いています。

気がついたらピアノが弾けて、脳も活性化!
脳トレに最適なピアノ。
しかも、初めてでも短期間で弾けるようになるなら。

ちょっと嬉しいですね。

憧れのピアノを弾いている自分を想像しただけで、毎日にハリと潤いが生まれてくると思います。

今、60代、70代の受講者数がどんどん増えている、人気のピアノ上達方法です。

この機会に、憧れのピアノにチャレンジしてみませんか?

詳しくはこちらです。

まとめ

65歳からピアノデビューをするときの方法をお伝えしました。

この方法なら、ピアノを習ったことがないあなたでも弾けるようになりますね。

しかも!!

今だけ本編とは別に追加で初心者のための豪華なプレゼントが付いてきます。
キャンペーン中にもらえるプレゼントは…。

全部無料で付いてくる豪華特典です。

ただし、特典がもらえるのは期間限定です。

期間が過ぎてしまうと特典が受け取れなくなってしまいますので、ぜひ、今すぐ下のリンクをクリックして詳細を確認してみてくださいね。

※人気商品のため、在庫がない場合は入手できません。ご興味のある方は、お早めにご覧いただくことをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次