脳科学者がピアノをすすめる理由とは→ click

ピアノのリズム感が悪くてヤバい!と悩んだときに鍛える練習方法とは?

  • URLをコピーしました!

リズム感がどうも悪いように感じる・・・

ピアノを弾くときに、このようにと悩む人はいると思います。

リズム感は練習することで鍛えることができます!

この記事では、

  • メトロノームを使ったリズム感の鍛え方
  • 体を使ったリズム感の鍛え方

など、ピアノのリズム感が悪いと悩んだときに役立つ記事です。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

\ピアノの練習に行き詰まったら/

目次

メトロノームの音をよく聞く

ピアノリズム感悪い

まず一番王道の鍛え方は、「メトロノーム」を使うことです。

メトロノームは正確なリズムを打ってくれるので、リズムトレーニングにとても役立ちます。

メトロノームに合わせて弾くのが難しいから嫌!

という方がたまにいらっしゃいますが、難しいからこそ初めは必ずメトロノームに合わせてください。

メトロノームの効果的な使い方

メトロノームを上手に使いこなしてリズム感を鍛えましょう。

メトロノームの使い方を知らない人が意外に多いです。

ここできっちりメトロノームの効果的な使い方を身につけておきましょう!

4拍子の場合

STEP
4拍全てを鳴らす

ピアノリズム感悪い

これは通常の使い方です。まずは1拍ずつすべての音がきっちり合わせられるように練習します。

STEP
1拍目と3拍目に鳴らす
ピアノリズム感悪い

次に、1拍目と3拍目だけメトロノームを鳴らしてみましょう。

このとき、メトロノームは半分のテンポに合わせます。

例えば、120の速さなら60に合わせて「2拍に1回」だけ鳴らすように設定します。

STEP
2拍目と4拍目に鳴らす
ピアノリズム感悪い

今度は、STEP2の反対です。

2拍目と4拍目だけを鳴らして弾きます。

メトロノームはSTEP2と同じ半分のテンポに合わせます。

メトロノームが鳴っていないときは、頭の中で「いち、に、さん、しー」と感じながら弾きましょう。

最初は難しく感じるかもしれませんが、きっちり合うようになるとリズム感がぐっと良くなりますよ!

指の運動テキストにを使う

メトロノームを使ってリズム感を鍛えるには、今練習している曲に合わせてもOKですが、ハノン(指の運動テキスト)などの教則本を使った練習もおすすめです。

昔からピアノの練習で使用されている「ハノン」は指の運動のテキストですが、メトロノームに合わせてしっかり練習することでリズム感も養います。

大人からピアノを始めた人のためにも、優しい練習本が出ていますので、ぜひ実践してみてください。

\こちらもおすすめ/

手足や言葉でリズムを取る

ピアノリズム感悪い

今度は、手や口でリズムをとる練習をしてみましょう。

やり方は次の通りです。

  • 膝の上で「いち、に、さん、しー」と言いながら叩く
  • 左手を叩きながら、右手のメロディーを声に出して歌います。

歌をうたうのが難しければ「ラーラーラー」でも構いません。

左手のリズムを刻みながらスムーズに歌えるようになるまで、何回も繰り返します。

このようにして、体で規則正しいリズムをとれるようにしていきます。

\こちらもおすすめ/

テンポをゆっくりしてみる

ピアノリズム感悪い

ピアノは、テンポを落としてゆっくり弾いても弾けなかったら、通常の速さでは絶対に弾けません。

上達においていちばん大切なことは、なかなか合わせられないときはテンポを下げるということです。

速いテンポでばかり練習していると、正確なリズムを刻めるようになるまで、実は物凄く時間がかかってしまいます。

「このくらいの速さならできそう」というところまでテンポを落としてみましょう。

ゆっくりでもしっかりとリズムに乗って弾けるようになってから、次の速さへと徐々にテンポを上げていきましょう。

リズムを体に刻み込む

ピアノリズム感悪い

リズム感を鍛えるとき、もう一つ大切なことは、頭で考えるのではなく、体で感じてリズムをとるということです。

日常生活の中でも、たくさんの音楽が流れていますよね。

たくさんの音楽に耳を傾けて、音楽のリズムに乗ってみてください。

頭だけで考えるのではなく、4拍子をしっかり体に刻み込んでいくと、リズムに乗れるようになります。

手を使ってリズムをとったり、体を揺らしたりして、音楽のリズムに乗ってみましょう!

\ピアノの練習に行き詰まったら/

お疲れ様でした

今回は、ピアノを弾くときに「リズム感が悪いな」と思ったときの対処法を紹介しました。

最後にもう一度おさらいしておきます。

  • メトロノームの音をよく聞く
  • メトロノームの鳴らす音を少しずつ少なくしていく
  • 体を使ってリズムを取りながらメロディを歌う
  • 日常から音楽のリズムに耳を傾ける

リズム感は、日々の練習の積み重ねで鍛えることができます。

ぜひ実践してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次